Code ViIlage(コードビレッジ)の評判・口コミ【2021年最新版】

f971a765c991175389878cd6a4661cd7

Code Villageの評判・口コミってどう?

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

JavaScriptを本格的に学びたい人に大人気のプログラミングスクールだね。
特化スクールだけに色々な口コミ・評判があるよ。

Code Village(コードビレッジ)は、JavaScriptの学習に特化したプログラミングスクールです。

RubyやRuby on Railsの教えるスクールが急増するなか、JavaScriptを使ったWebページ開発に特化していることで注目されています。

フロントエンド志望なら一度は検討しておきたいスクールですが、気になる口コミ・評判もあります。

この記事では、Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミと特徴を紹介します。

\無料カウンセリングを受ける/

人気スクールの比較は、プログラミングスクール30校を徹底比較にまとめています。

目次

Code Village(コードビレッジ)とは

Code Villageの5つの特徴

Code Village(コードビレッジ)は、株式会社MOSQIIITが運営しているプログラミングスクールです。

JavaScriptに特化したスクールとして有名で、Webページ開発などのフロントエンドエンジニアを目指している人に人気があります。

少人数制の講義スタイルで、最先端の知識やスキルを中心に学習できることも魅力です。

Code Village(コードビレッジ)の基本情報

スクロールできます
項目内容
運営会社株式会社MOSQIIIT
税込定価495,000円
講師
メンター
現役エンジニア
受講
スタイル
オンライン
教室の場所
学習期間4ヶ月~
学習
スタイル
講義+質問
質問対応10:00~18:00
(8時間)
個別指導〇(一部のみ)
コースJava
習得言語JavaScriptなど
開発
サポート
転職支援
無料体験

Code Village(コードビレッジ)の5つの特徴

Code Villageの特徴は次のとおりです。

  • JavaScriptに特化
  • チーム開発の経験
  • オリジナルサービス開発
  • 勉強会や交流会などが豊富
  • 希望キャリアに応じたサポート

JavaScriptに特化

Code Villageのカリキュラム
出典:Code Village

Code Villageでは、マークアップ言語とJavaScriptに特化して学習します。

近年はPHP、Ruby、Ruby on Railsなど幅広いプログラミング言語を学べるスクールが増えていますが、種類が多い分だけ1ジャンルや言語を掘り下げて学習しにくいです。

Code Villageなら、目標をWebサイトの運営・開発に絞り、それに必要な言語だけを本格的に学習できます。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

具体的にはHTML5とCSS3、JavaScriptをメインに学習します。

特にJavaScriptは、基礎から応用まで時間をかけて学習し、動的なWebサイトを作成するための幅広い知識を習得可能です。

「JavaScriptを学ぶならCode Village」という卒業生が多いのも納得できる質の高さです。

チーム開発の経験

Code Villageのチーム開発
出典:Code Village

チーム開発は、企業で働くエンジニアがオリジナルサービスを開発するときの基本的な手法です。

エンジニアを含む複数のメンバーがチームを組み、役割分担をして協力しながら1つのサービスを開発します。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

スクールでチーム開発を経験していると、就職した職場の業務にスムースに馴染みやすいです。

残念なことに、未経験者向けのプログラミングスクールの多くはカリキュラムにチーム開発を入れていません。

準備と運営に手間がかかるからです。

でも、Code Villageのカリキュラムにはチーム開発が組み込まれており、チーム開発を実践するための環境も整備されています。

オリジナルサービス開発

Code Villageでは、オリジナルWebアプリケーションの開発を開発できます。

マークアップ言語やJavaScriptなど講義で得た知識を総動員し、講師のサポートを得ながら開発の全工程を経験可能です。

必要に応じてポートフォリオ作成サポートも受けられるので、就職や転職を目指す人も安心です。

勉強会や交流会などが豊富

Code Villageでは、頻繁に勉強会や交流会が実施されています。

テーマを絞った勉強会に参加すれば、講義では得られない知識やスキルに触れられます。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

業界の最新情報を入手することもできます。

また、交流会ではエンジニア同士の横のつながりも生まれます。

就職するにせよフリーランスになるにせよ、安定した仕事を得るために横のつながりは必要不可欠です。

スクール在学中から積極的にエンジニアの知り合いを増やしておくことで、修了後の就職活動や仕事の幅が拡がります。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

不定期に、Code Village外の企業と提携したイベントも実施しているので、参加すればスクール生以外とのつながりも作ることができます。

希望キャリアに応じたサポート

Code Villageのキャリアサポート
出典:Code Village

一般的なプログラミングスクールでは、転職サポートを実施しています。

スクールが提携している企業を受講生に紹介し、転職エージェントのように内定まで一貫してサポートするものです。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

サポート内容が充実している反面、紹介先企業に就職しなければならないなどの制約があるところが多くなっています。

Code Villageのサポートは、「転職」ではなく「キャリア」のサポートです。

「エンジニアとして仕事ができるレベルの人材を育てる」ことが目標のスクールなので、まずは実践的なプログラミングの知識やスキル習得を目指します。

そのうえで、受講生が希望するキャリアに応じたサポートを受けられます。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

正社員、フリーランス、パラレルワーカーなど様々なキャリアに応じて、講師が最適なサポートをしてくれます。
そのため、特にフリーランスを目指す人には人気があります。

Code Village(コードビレッジ)の価格

Code Villageの価格

Code Villageの価格を見ていきます。

Code Village(コードビレッジ)の料金設定

スクロールできます
コースCode Village
価格(税込)495,000円
分割払い(税込)26,290円~
全額返金保証
学習期間4ヶ月~

Code Village(コードビレッジ)は高いか

Code Villageの料金を他のスクールと比較しました。

スクロールできます
プログラミングスクール価格(税込)学習期間1週間当たりの価格
Code Village495,000円4ヶ月30,937.5円
テックキャンプ
プログラミング教養
261,360円12週間21,780円
CodeCamp
Webマスター
162,800円8週間20,350円
DMM WEBCAMP SKILLS121,000円12週間10,083.3円
テックアカデミー229,900円8週間28737.5円
RUNTEQ
ウェブマスターコース
437,800円5~9ヶ月
(20~45週間)
9728.9円
~21,890円
ポテパンキャンプ
Railsキャリアコース
440,000円5ヶ月
(20週間)
22,000円

JavaScriptやマークアップ言語を学習できるコースの価格を表示

Code Villageの価格は、テックキャンプやコードキャンプなど人気のプログラミングスクールの教養コースと比較すると高めです。

一方で、RUNTEQやポテパンキャンプなど実践的なプログラミングが学習できるスクールと比較すると、ほぼ同じ価格帯となっています。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

Code Villageは、JavaScriptを中心にエンジニアとして仕事ができるレベルのプログラミングスキルを習得できるスクールです。
そのため、教養レベルの学習ができるスクールより高額なのは当然でしょう。

Code Village(コードビレッジ)のカリキュラム

Code Villageのカリキュラム

Code Villageのカリキュラムを見ていきます。

Code Villageの学習の流れ

Code Villageの学習の流れ
出典:Code Village

学習の流れには大きく3つのSTEPがあります。

STEP
マークアップ言語の学習

オリジナル動画教材(全18回)を使ってWebサイト作成に必要なマークアップ言語を学習

分からない内容は質問チャットで講師に質問

STEP
JavaScriptの学習

週1回2時間のオンライン授業でJavaScriptの基礎と応用、フレームワークを学習

簡易なWebアプリケーションの開発やチーム開発も経験

STEP
キャリアサポート

受講生の目標に応じたキャリアサポートを受ける

Code Villageのカリキュラム内容

Code Villageの事前動画学習
出典:Code Village

マークアップ言語の事前動画学習は、全18回に分かれています。

HTMLやCSSの基礎から実際のコーディング課題まであり、インプットとアウトプットをバランス良く学習できるのが特徴です。

動画コンテンツなので、必要に応じていつでもどこでも復習できます。

Code Villageのカリキュラム表
出典:Code Village

Code Villageのメインコンテンツも、全18回あります。

JavaScriptの全体像の説明から始まり、基礎・応用やチーム開発のやり方まで網羅的に学習可能です。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

カリキュラムの詳細を明らかにしているプログラミングスクールは少ないのですが、Code Villageは全て公開しています。
カリキュラムに対する自信の表れでしょう。

Code Village(コードビレッジ)の良い評判・口コミ(メリット)

Code Villageの評判・口コミ

Code Village(コードビレッジ)の良い口コミ・評判から見ていきます。

  • 本格的にJavaScriptが学べる
  • Webサイト開発のスキルが身につく
  • オリジナル動画コンテンツの質が高い
  • 就職や転職以外の進路でもサポートしてもらえる

本格的にJavaScriptが学べる

・JavaScriptを学ぶならコードビレッジ一択
・大手の教養コースとは次元が違う高レベルな内容だった
・本気でJavaScriptを学んで仕事で使いたい人におすすめのスクール

Code Villageの口コミ・評判で最も多かったのが、「JavaScriptを本格的に学べる」というものです。

マークアップ言語とJavaScriptに特化したスクールだけに、これらの言語に関する教材や講義の質は他校とは次元が違います。

Webサイト開発のスキルが身につく

・サイト開発のスキルが身についた
・Webサイトを構築するスキルが習得できる
・自分のイメージ通りのWebサイトを作れるようになった

「自分のイメージしたWebサイトを作れるようになった」という口コミ・評判も多いです。

近年はWordPressを使って誰でも簡単にWebサイトを作れるようになっています。

でも、サイトの機能はテーマやプラグインに依存しており、イメージ通りの機能を搭載できないケースが少なくありません。

Code Villageでプログラミング言語を学習すれば、イメージ通りの機能を自分で作って搭載できるようになります。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

Webサイトを一から開発することも可能です。

オリジナル動画コンテンツの質が高い

・コンテンツの質が高い
・事前学習動画が非常に分かりやすかった
・週一配信の講義だけでもWebサイトが作れるようになる

Code Villageのコンテンツは、大きく事前学習動画と週1配信の講義に分けられます。

どちらも現役エンジニアが未経験者向けに最先端の情報を盛り込んで作っており、誰でも理解しやすい内容です。

多くのスクールがオリジナル教材を開発していますが、マークアップ言語とJavaScriptの教材ではCode Villageが優秀です。

就職や転職以外の進路でもサポートしてもらえる

・キャリアサポートが手厚い
・独立するためのサポートをしてもらえた
・「転職」ではなく「キャリア」をサポートしてもらえる

Code Villageは、キャリアサポートをしてもらえることでも知られています。

「転職」サポートが充実したスクールは多いですが、提携先の企業を紹介するのが基本です。

フリーランスとして独立したい人や、副業エンジニアになりたい人へのサポートは充実していません。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

就職をサポートするスクールもありますが、基本的な仕組みは転職サポートと同じです。

Code Villageは、受講生が目指すキャリアに応じたサポートを受けられるのが特徴です。

フリーランスはもちろん、パラレルワーカーや起業に関するサポートも受けられます。

Code Village(コードビレッジ)の気になる評判・口コミ(デメリット)

Code Villageの評判・口コミ

Code Villageの気になる口コミ・評判を見ていきます。

  • 価格が高い
  • 学習言語が少ない
  • 転職保証がない

価格が高い

・Code Villageは価格が割高
・人気スクールと比べると価格がネック
・コンテンツの質は高そうだけど、高いのが気になる

Code Villageの価格は、人気スクールの教養コースと比較すると割高です。

例えば、テックキャンププログラミング教養やDMM WEBCAMP SKILLSと比べると約2倍も費用がかかります。

そのため、「Code Villageは高い」という口コミ・評判が少なくありません。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

教養コースと比較すると、どうしても高く感じてしまいます。

でも、Code Villageはエンジニアとして仕事ができるレベルのプログラミングスキルを身につけるためのスクールです。

教養レベルでは実践レベルの実力が身につくので、価格は高めですがコスパは高いと言えます。

また、同じレベルを目指すスクールのなかでは、標準的な価格です。

学習言語が少ない

・学習言語が限られている
・JavaScriptに特化しすぎている
・はやりのRubyやRuby on Railsが学習できない

Code Villageで学習できるのは、マークアップ言語とJavaScriptが中心です。

近年流行りのRubyやRuby on Railsを学習するカリキュラムはなく、バックエンド系の言語も学習しません。

そのため、幅広くプログラミングを学習したい人からは「学習言語が少ない」と評価されがちです。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

確かに学習できる言語の種類は少ないですが、学習する言語については広く深く学習できます。

転職保証がない

・転職保証がない
・転職サポートはあるが基本は自己責任
・転職先が必ず見つかるわけじゃない

転職保証は、一定条件を満たしてカリキュラムを修了しても転職が実現しない場合に、講座の料金が全額キャッシュバックされる制度です。

例えば、次のスクールのエンジニア転職コースには転職保証があります。

  • DMM WEBCAMP COMMIT
  • テックキャンプエンジニア転職
  • テックアカデミープロ

Code Villageには転職保証がなく、修了しても必ず転職できるわけではありません。

Code Village(コードビレッジ)が向いている人

Code Villageが向いている人

特徴や口コミ・評判を踏まえると、Code Villageが向いているのは次のような人です。

・JavaScriptを学習したい人
・Webサイト開発・運営の仕事がしたい人
・チーム開発を経験したい人
・転職以外のキャリアサポートを受けたい人

JavaScriptを学習したい人

JavaScriptを本格的に学習したい人には有力な選択肢です。

JavaScriptコースは多くのスクールが提供していますが、カリキュラムやコンテンツの質の高さでCode Villageに並ぶところは多くありません。

サイト構築の基礎となるマークアップ言語の学習も充実しているので、Webサイト開発に必要な知識やスキルをまとめて学習したい人にも向いています。

Webサイト開発・運営の仕事がしたい人

プログラミングスクールの多くは、次の大きく4つのコースを1つもしくは複数提供しています。

  • Webサイト開発
  • Webアプリ開発
  • Webデザイン
  • 機械学習

Code Villageは、Webサイト開発に特化したスクールです。

他のコースは提供していませんが、Webサイト開発を仕事にできるレベルの知識やスキルが身につきます。

チーム開発を経験したい人

Code Villageではチーム開発を経験できます。

エンジニアとしてIT企業への就職や転職を目指す人には重要な経験ですが、カリキュラムに組み込んでいるスクールが少ないのが実情です。

Code Villageは完全オンライン制のスクールですが、ツールを使ってオンラインでチーム開発できる環境が整備されています。

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

このご時世でテレワークでチーム開発を進める企業も増えているので、時流に即した開発スタイルを経験できるのは貴重です。

転職以外のキャリアサポートを受けたい人

  • フリーランス
  • パラレルワーカー
  • 起業

これらのキャリアを目指している場合、幅広いキャリアのサポートを受けられるCode Villageが向いています。

キャリア実現を保証する制度はありませんが、受講生一人ひとりが目指すキャリアに沿ったサポートを受けられるのが魅力です。

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミまとめ

Code Villageの評判・口コミまとめ
項目内容
特徴・JavaScriptに特化
・チーム開発の経験
・オリジナルサービス開発
・勉強会や交流会などが豊富
・希望キャリアに応じたサポート
良い
評判/口コミ
・本格的にJavaScriptが学べる
・Webサイト開発のスキルが身につく
・オリジナル動画コンテンツの質が高い
・就職や転職以外の進路でもサポートしてもらえる
気になる
評判/口コミ
・価格が高い
・学習言語が少ない
・転職保証がない

特徴や評判・口コミを踏まえると、Code Villageが向いているのは、次のような人です。

・JavaScriptを学習したい人
・Webサイト開発・運営の仕事がしたい人
・チーム開発を経験したい人
・転職以外のキャリアサポートを受けたい人

もし一つでも当てはまるなら、無料カウンセリングに申し込んで「自分に合うスクールかどうか」チェックしましょう。

\無料カウンセリングを受ける/

5845fc0a2dbb58d6bc985edb9fb29bce

プログラミングスクールの評判・口コミをまとめた記事です。

  1. テックキャンププログラミング教養の評判・口コミ
  2. DMMウェブキャンプSKILLSの評判・口コミ
  3. テックアカデミーの評判・口コミ
  4. コードキャンプの評判・口コミ
  5. 侍エンジニア塾の評判・口コミ
  6. コードジムマンスリーの評判・口コミ
  7. ギークジョブの評判・口コミ
  8. DIVE INTO CODEの評判・口コミ
  9. レイズテックの評判・口コミ
  10. ランテックの評判・口コミ
  11. ポテパンキャンプの評判・口コミ
  12. テックアイエスの評判・口コミ
  13. アイデミーの評判・口コミ
  14. ドットプロの評判・口コミ
  15. クリプテックアカデミアの評判・口コミ
  16. フリークスの評判・口コミ
  17. データミックスの評判・口コミ
  18. ネットビジョンアカデミーの評判・口コミ
  19. コードビレッジの評判・口コミ
  20. テックパートナーズカレッジの評判・口コミ
目次
閉じる